すけがわの運用メモ 2019年7月『これからの運用方針』

スポンサーリンク
FTSE100
この記事は約4分で読めます。

こんにちは。すけがわ(@suke_gawa04) です。

定期更新中の『すけがわの運用メモ』をご覧下さり、ありがとうございます。

24歳、社会人2年目のすけがわの運用成果をマンスリーで更新・公開しております。

前回の更新から長らく間が空いてしまいましたが、現在韓国にて元気に駐在生活を行っております。

 

「はてなブログ」から「Wordpress」に引っ越ししたり、単純に忙しかったり等で更新が滞っていましたが、今回の投稿を機に、またゆるりと更新していこうかと思います。

 

今回は「これからの運用方針」と題して、僕が投稿できていなかったときに売買したものや、これからの方針について書いていこうかと思います。

スポンサーリンク

2019年7月現在の投資状況

僕が現在投資している対象は、以下のとおりです。

  • つみたてNISA
  • 国内株式
  • 企業型確定拠出年金
  • 持株会

そして、近日中に米国ETFへの投資を始めようと考えています。その資金源として『株価指数CFD』と『WealthNavi』を解約しました。

株価指数CFDの解約

岡三証券にて株価指数CFD取引でのFTSE100に投資を2018年9月から行っていました。

株価指数CFDは、毎週配当がもらえるインカムゲインと右肩上がりのキャピタルゲインが魅力的で、長期に渡りホールドする予定でしたが、サービスの変更によって毎年強制的に売却されてしまうことを踏まえ、今回を機に売却を決意しました。

株価指数CFDの投資結果

そんな株価指数CFDでしたが、最終的にはプラスで売却することができました。

ファンド名評価額評価損益損益率

FTSE100

872,261円+72,261円+9.03%

一時は値下がりして含み損に頭を悩ましていましたが、指値売注文で見事巻き返すことができました。

WealthNaviの解約

WealthNaviは2018年10月から利用していましたが、あまり魅力を感じなくなってしまったことから解約しました。

WealthNaviはロボアドバイザーによる運用を行っていますが、投資の本やツイッター、ブログ記事等で情報を集めるうちに「ロボアドバイザーに頼る必要がない」という結論にいたりました。

また、まだ20代であり今後の人生を考えたときに、実際に自分の手で株やETF取引を行ったほうが勉強になると思い、投資経験を積むためにも解約しました。

WealthNaviの投資結果

元々長期運用を考えており、月2万円ほどしか拠出していなかったため、リターンも少なめでした。

ファンド名評価額評価損益損益率

WealthNavi

313,633円+3,633円+1.17%

それでも、お金でお金を増やすことができたので、使ってみて良かったです。

国内株の購入

一方で、解約だけでなく、新規に国内株の購入もしました。

これは、キャピタルゲインやインカムゲインを狙ったものではなく、単純に株取引がしたかったことと株主優待を使ってみたいという単純な理由から購入したものです。

銘柄評価額評価損益損益率

松屋フーズHLDGS(9887)

346,000円+10,050円+2.99%

また、牛丼チェーンの中で「なぜ松屋なのか」というところも自分なりに研究して購入してみました。

しかし、先述の通りあくまで株主優待(食事券)を使ってみたいというのが本音です。

すけがわの投資総額

上記を踏まえ、2019年7月14日現在の投資総額は、1,204,960円です。

内訳は以下のとおりです。

名称投資額評価額評価損益損益率
つみたてNISA572,426円593,954円+21,528円3.76%
国内株335,950円346,000円+10,050円2.99%
確定拠出年金89,000円90,296円+1,296円1.46%
持株会90,000円87,025円-2,915円-3.24%
合計1,087,376円1,117,335円+29,959円2.76%

 

そして、株価指数CFDとWealthNaviを売却して得た追加資金及び今夏のボーナスを米国ETFに投入する予定です。

また、海外駐在手当によって所得が少し多めになっているので、その余剰資金も併せて投入して資産形成を加速させていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました